HOME > その他の治療 > アトピー治療

■ アトピー治療

アトピー(不思議)な疾患
「アトピー性皮膚炎」の原因
「アトピー性皮膚炎」のかゆみ
冷えが解毒排泄能力を妨げている
「肝臓・腎臓、解毒」の働きとは
「アトピー性皮膚炎」と保湿
アトピー完治・治療終了の目安
アトピーの方の入浴法
アトピー体質改善法
お薬を使わないアトピー治療
症例と治療過程紹介
患者様の声

アトピー(不思議)な疾患

花粉症と並ぶ国民的アレルギー疾患である「アトピー性皮膚炎」は、小児を中心に発症していますが、近年大人の発症率も高く、もはや“子供の病気”ではなくなっています。アトピー性皮膚炎を発症する人が増えている背景には、強いストレスを感じ易い現代社会、加工食品などに含まれる添加物(特にリン)石鹸やシャンプー剤などに多く含まれる化学物質、極端な清潔志向 などと言った要因が一般的に挙げられているようです。

理由もわからず“かゆみ”がおきることから、アトピー(不思議な)と名付けられました。皮膚に症状が限局していますが、アレルギーであるため皮膚炎でありながら、血液疾患という文字どおり不思議な疾患です。

アトピー性皮膚炎はホコリやダニ、汗、食べ物といった特定の刺激に対してアレルギー反応を起こしてしまう人に発症するアレルギー症状の一種と考えられています。始めは耳の付け根の所が切れたり、四肢、背部などがカサカサ、ザラザラする皮膚の軽度の異常から始まります。赤ちゃんは口の周囲、頬、耳周囲に滲出液をみることが多くあります。ただ、本当にダニやホコリ、食物アレルギーなどが関係あるかどうかは不明です。食事の不摂生、ストレスなどが複雑にからみあって重症化していくものと考えられています。

ページTopへ戻る

「アトピー性皮膚炎」の原因

アトピー体質の肌は角質層の保湿力が先天的に低下している乾燥肌です。そして、肌が乾燥性の皮膚炎を繰り返し、アトピー性皮膚炎になるのです。

アトピー性皮膚炎は「アトピーの器質的原因」「皮膚の生理学的異常」という二つの原因に、ストレス、アレルゲンなどの「生活環境」が加わって発症します。

「アトピーの器質的原因」とは、遺伝的にアレルギー反応を起こしやすい体質を指し、家族にアレルギーを持つ人がいる(家族歴)、他の花粉症、気管支喘息などのアレルギー疾患に罹患している(既往歴)、 IGE 抗体を産生しやすい、副交感神経優位の状態等が含まれます。「アトピーの器質的原因」を持つ人のことをアトピー体質の人、つまり、アトピーと呼ぶのですが、花粉症や喘息の人もアトピーの器質的原因を持っていることになります。

「皮膚の生理学的異常」とは、乾燥肌であるため、バリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなっている状態です。皮膚の乾燥は皮膚の保湿因子であるセラミドの含有量が低下し、水分を保持できないことが原因です。アトピーの人は皮膚のバリア機能が健康な人に比べて弱いために、外からの刺激の影響を受けやすくなります。その上、アレルギー反応を起こしやすい体質であるので、刺激の影響は倍増してします。かゆみが起これば、掻いて皮膚のバリアをさらに弱くしてしまうため、悪循環に陥ります。

ページTopへ戻る

「アトピー性皮膚炎」のかゆみ

皮膚疾患の多くは体内毒素が原因です。この体内毒素が排泄器系から排出できずに皮膚に出ている状態がアトピーです。アトピーは、生まれつき器質的に弱い臓器によって発症します。多いのが肝臓、副腎、すい臓です。特に副腎は、ステロイドホルモンを作るところですので、ここが弱いと自前のステロイドホルモンが作りにくくなるため、アレルギー症状が強くなります。また、砂糖を取るとアトピーが痒くなるというのはすい臓の問題ですし、肝臓の解毒機能が低下した場合でもアトピーは痒くなります。

このようにアトピー症状の問題は痒いことです。しかし、痒さはアトピーの本質ではありません。アトピー症状の一つです。しかし患者自身が最も辛い症状は痒さなのです。

その為、現在行われているアトピー性皮膚炎治療の主な対象も、痒みの対策に集約されがちです。もちろん痒いのですから、それは何とかしなければなりません。しかしながら痒みを止めただけでは、アトピーの治療は終了したとは言えないのです。

アトピーやアレルギー体質の体質改善でまず必要な事は、汚れている体の中を綺麗にすることです。具体的には血液と体液をサラサラにし、体に溜まっている老廃物を排泄し、内臓が本来の働きが出来るようにすること。それに加えて皮膚の再生能力を高めることです。そうしないと治癒力や免疫力、抵抗力がきちんと使えないのです。皮膚の再生能力が高まると皮膚の色素沈着も徐々に綺麗に戻ってきます。 まずは、体内毒素の排出を視野に入れて治療を考えてみることをおすすめします。

ページTopへ戻る

冷えが解毒排泄能力を妨げている

体内の冷えは内臓の機能、毒素の排泄、自然治癒力と非常に強い関わりがあります。

特に消化器系の冷えが強いと、毒素の排泄を円滑にする事ができなくなり、体内毒素は蓄積されてしまいます。体内の冷えがあると解毒排泄能力も弱く、完全に排泄されません。

ですから、治療の考え方としても体内の冷えを改善させる施術も行いながら、冷えが起こす身体のアンバランスを改善させるように調整します。すると自然治癒力が発揮され、徐々に皮膚状態の改善がされていく事でしょう。治療の段階で、皮膚の症状が一時的に悪化する事もありますが、これは解毒、排泄が亢進している段階ですので、心配せずに少しの間様子を見守ってみて下さい。また、半身浴も非常に有効な温熱効果がありますので、治療と併用して行うといいでしょう。半身浴は内面を温め、冷えを改善し解毒、排泄機能を強化します。このように、体内を温め、解毒作用を強め、自然治癒力が十分に発揮されれば、アトピーは完治できると言えます。 アトピーをしっかりと治すには、自然治癒力、つまり自分で治す力を十分に発揮できるようにする根本療法が必要であると言えるでしょう。

ページTopへ戻る

「肝臓・腎臓、解毒」の働きとは

肝臓は、外部より口を経由して取り入れられた物質が消化吸収され、解毒、分解、合成、貯蔵等を司る一番重要な臓器です。
腎臓は骨盤の上に2つある臓器で、血液が動脈によって全身に運ばれ、エネルギー交換された老廃物が静脈により腎臓に集められ、体外に排泄する物質と再度使用する物質にふるい分ける作業をする出口の臓器です。
臨床上では、肝臓がフィクセーション(変位や固着)をおこすと、前頭骨(額の骨)の動きが悪くなります。そのため隣接している蝶形骨(頭蓋骨の一部)の動きが悪くなり、呼吸が浅くなり脳脊髄液の流れが悪くなります。花粉症の人でお酒を飲みすぎると症状が悪くなるのは、この前頭骨が原因です。
腎臓は内臓の中で最もフィクセーション(変位や固着)をおこしやすい臓器です。上向きに寝れば腎臓の前にある腸などの内臓によって後方に変位します。腎臓は排泄を司る重要な臓器です。よって、腎臓の変位は腎臓の機能を下げ、排泄能力を下げます。

人間の臓器には、器質的に弱い部分と機能的に強い部分があります。
これは母体の中にいるときに細胞分裂しているときのおなかの環境によって決まります。
両親は花粉症、子供は2人で上の子が喘息、下の子がアトピーという家族を診たことがあります。これは上の子はおなかの中で呼吸器をつくるときの環境が悪く、下の子は皮膚をつくるときの環境が悪かったのが原因です。

アトピーの患者さんを治療していると、最初は出てこなくても治療が進むと、この肝臓、腎臓の問題が必ず出てきます。
アレルギーの原因となる免疫システムに大きく関わる肝臓アトピーの改善には、内臓の機能を強くする事が重要になってきます。
とくに肝臓は、アレルギーの原因となる免疫システムに大きく関わる重要な部分です。
血液中でキャッチした毒は腸でからだの外へ排出されますが、その前に肝臓を通過して浄化されます。肝臓には本来、体内の有機物質を解毒する働きがあります。

肝臓は、人の内臓の中で最も大きな器官で、内部には毛細血管が多く分布しています。肝臓は、体内の有害な物質を無害な物質に変える解毒作用のほかにも、養分を蓄えたり、代謝と体温を調整したり、血液を貯蓄したり、循環量を調整したりする働きがあります。
ですから、肝臓の状態が悪いと、脊髄神経の栄養素ともいえる脳脊髄液の循環がスムーズにいかず、脳の神経の通りがうまく循環できなくなります。
すると、いろんなとことに支障をきたすようになります。肝臓は物質の生成や解毒することで脳神経の機能を安定化させる機能を持っているものだからです。

また、体内で最も酸素の消費量の多い臓器というと、私たちはすぐに脳を想像しますが、実は脳ではなく、肝臓なのです。 吸収した酸素の50%が肝臓、20%が脳、ついで15%が腎臓で消費されています。肝臓は体内で、最も酸素の消費量の多い臓器です。
したがって、活性酸素の発生の一番多くなる場所です。
活性酸素とは、酸素の中でもとくに周りのものを酸化させる力が強い酸素をいいます。

わたしたちは呼吸により酸素を体内に取り入れています。酸素には、他の物質に結びついて「酸化」させやすいという特徴があります。たとえば空気中でものが燃えることは、その物質が酸素と結びついて炎を出しながら激しく「酸化」していることなのです。
人間の体内でも同様のことが起きています。人間は体内に取り入れた食べ物をエネルギーに変える事によって生きているのです。
人間の栄養分をエネルギーに変えるのを助けているのが酸素なのです。人間は呼吸により酸素を体内に取り入れ、血液に乗せて体内の細胞へ酸素と栄養を運びます。それを受け取った細胞内では酸素で栄養分を燃やし、「酸化」させ、エネルギーを得ています。

わたしたちが1日の食事で必要なエネルギー約2000kcalをつくるためには、500?もの酸素を消費しています。
酸素がエネルギーを作り出した際に、大半は水素と結合して水になりますが、青年で約2%の酸素は水素と結合せずに活性酸素になります。
呼吸で取り入れた酸素が活性酸素になる比率は年齢と共に増え、30歳では3〜5%、50歳では10%となるといわれています。 活性酸素とは、わたしたちが呼吸により吸い込んだ酸素が体内で電子を1個失い不安定になった状態のものです。活性酸素はペアになっていない電子を持っているため、非常に不安定な状態にあります。
ですから、自らを安定させるために、手近にあるところから電子を奪い安定(酸化)させようとします。つまり活性酸素は周りの細胞をどんどん傷つけていくのです。
そして、活性酸素によって電子を奪われた物質は、また自分の手近にある物質から電子を奪います。活性酸素は、攻撃的で体内で自分の細胞をどんどん破壊していきます。

この状態を例えばリンゴや鉄で考えてください。切ったリンゴをそのままにしておくと、次第に切り口が茶色に変色していきます。これはリンゴが空気中の酸素によって酸化された結果です。また鉄が次第に錆びていくのも酸化です。
このように酸素に結びつくとリンゴも鉄も酸化していきますが、人間の皮膚も同じで活性酸素によって攻撃されると皮膚細胞は酸化していきます。活性酸素は老化の大きな原因となっています。
活性酸素は紫外線と結びつくとシミやしわの原因にもなるといわれています。活性酸素が余剰に増えていくと、内臓や皮膚、骨などのあらゆる組織にダメージを与えるようになります。病気の90%以上は活性酸素が関係していると言われています。

また、がん細胞は体内の細胞が突然変異してできるのもとされ、そのことにより、がんは活性酸素が正常の細胞のDNAを傷つけて細胞の遺伝子を書き換えて突然変異を起こすことが原因ではないかとも考えられています。
悪い意味では体内で自分の細胞を次々に破壊していく活性酸素ですが、この活性酸素の攻撃性は、一方において体内に侵入してきた毒素やバクテリアやウイルスを排除してくれる免疫システムとなって働きます。
ですから酸素の消費量が多く活性酸素の発生の多い肝臓は、アレルギーの原因となる免疫システムに大きく関わる場所だといえるのです。

アトピーは活性酸素が暴れ出すと悪化します。また、肝臓の状態が悪くなると人間の細胞に必要なカルシウムの働きなども愕然と落ちてしまいます。
肝臓が健康であることはアトピーを治していくうえで重大な条件といえます。
肝臓は横隔膜のすぐ下にあるので、呼吸が浅くなると圧迫されやすい臓器です。鬱血した肝臓を正常にするには複数の原因を解消してあげなければなりません。

ページTopへ戻る

「アトピー性皮膚炎」と保湿

アトピー性皮膚炎のかたの肌は、乾燥してカサカサの状態になっており、ひどい痒みに見舞われます。これは汗や皮脂の分泌能力が低下していることが原因です。
皮膚は外部からの刺激から体を保護する働きを持っていますが、アトピー性皮膚炎の患者さんの場合は、この能力が低下しており、汗やほこり、衣服や汚れ、ハウスダスト、化学物質、金属などに過敏に反応して、痒くなりやすい状態になっています。アトピーのかゆみによってかきむしってしまった結果、湿疹や傷ができてしまうと、炎症がさらに悪化してしまうという悪循環にもなります。

したがって、アトピー性皮膚炎の乾燥肌には保湿が必要です。乾燥した肌を保湿してあげることで、痒みやムズムズを軽減し、かきむしりなどを抑えることで、人間の本来持つ自然治癒へともつながっていきます。

アトピー体質の人は、ほとんどが敏感肌(刺激に弱い肌質)でもあります。アトピーに乾燥は大敵です。アトピーや乾燥肌の人は、皮膚の常在菌で良いほうの菌が少なく、悪い菌特に黄色ブドウ球菌が多いのが特徴です。保湿剤を選択する際は黄色ブドウ球菌を押さえ保湿効果もあるマイシースクリームがお勧めです。

ページTopへ戻る

アトピー完治・治療終了の目安

さて、皮膚がきれいになれば完治と言えるでしょうか。そうは思いません。皮膚は、内臓の鏡です。ステロイドによって皮膚がきれいになっても、ステロイドを止めればまた以前のような、みるも無惨なアトピーを繰り返してしまいます。ですから、内臓の機能を正常に戻しその上で皮膚がきれいになれば完治といえるでしょう。
ですから、完治させるには、皮膚だけでなく、内臓を含め身体全体の調和がとれ、解毒作用がしっかりと発揮され、体内の毒素を汗、便、尿等を通して完全に排泄器系から排泄出来るようになった時が完治と言えます。

ページTopへ戻る

アトピーの方の入浴法

毎日の入浴のやり方、意識を変えるだけで、想像以上の効果をもたらすことがあります。
ステロイドや、塗り薬、シャンプー、入浴もそうですが、すべてからだの外からの刺激による、対症治療法になります。対症治療だけですと、体の中の問題は解決できないので時間が経過すると再び症状が出てきます。しかし、内臓や骨盤骨格などからだの中の問題を治療しながら併用することで、今までと違った効果がでてきます。

まず入浴ですが、安い石鹸を使ってください。高いものですと、香料など余計なものが入っていますので、安い石鹸で結構です。

最初に手に石鹸をつけてなでるように体を洗います。
次にぬるま湯で湯船につかり、10分〜15分くらいゆっくり入ります。
皮膚をふやけさせて毒素を出させます。
一度出てから、もう一回石鹸で体を洗います。
そして、また湯船につかり10分〜15分くらいゆっくり入ります。
最後にシャワーを浴びて体をきれいにしてでます。体をよくふいて清潔にします。

※ここでよく、「アトピーにいいローションやクリームはないんですか?」と聞かれることがあります。
当院で推奨しているのは、マイクロアルジェコーポレーションのマイシースという商品です。
特にクリームは、アトピーの人に多い黄色ブドウ球菌を減らす効果があります。
この入浴法は、自閉症のドルフィン治療を行なった、昭和大学医学部の故飯倉先生のセミナーを参考にしたものです。先生は、入浴後のタイミングでステロイドを塗ると、最小限の量で効果があるとおっしゃっていました。

ページTopへ戻る

アトピー体質改善法

アトピー対策として生活上注意すべき点

アトピーの根本的改善には、内臓を強くすることが、重要になります。

1)皮膚を清潔にたもつ

汗をかくと黄色ブドウ球菌が発生します。この、黄色ブドウ球菌がかゆみやアトピー症状の悪化を招きます。こまめにシャワーなどを浴びて清潔にしましょう。

2)バランスの良い食事を心がける

『バランスの良い食事』とは、多彩な栄養素の含まれた食事を適量とることです。それが、体力と免疫力をUPし、アレルゲンに負けない強い身体を育てることにつながります。
具体的には、トランス脂肪酸の摂取を控え、野菜や海草を多くとること。ただし、生野菜よりも温野菜のものがいいです。甘いもの、加工食品、スナック菓子などは避けましょう。

3)早寝早起きを心がける

睡眠不足はアトピーの天敵です。昼間、アレルゲンや紫外線、その他の刺激にさらされて疲れ果てたお肌は睡眠によって回復します。ところが、睡眠が不足すると肌の疲れが抜けずアトピーの悪化原因となります。

4)ストレスや疲労をためない

これによって自立神経系を安定させホルモン系や免疫系のバランスがよくなります。
ストレスが多いと、活性酸素が多く発生し、皮膚を傷つけます。

5)肝臓の再生を助ける栄養素を補給する

肝臓は、半分切っても1年後にはもとの大きさになるほどの再生能力の高い臓器です。ビタミンAやベータカロチンなどで再生を助けます。

6)できるだけ化学物質を身の回りから避ける

化粧品を使用する場合はなるべく無添加のものがいいでしょう。石けんは全成分表示が「石けん素地」とだけ書いてあるものが良いでしょう。また液体のものは界面活性剤が入っているので、固形のものをお勧めします。

ページTopへ戻る

下野市の花の木整体院でお薬を使わないアトピー治療

つらいアトピー性皮膚炎の症状の原因というのは身体の歪みから起こっていることも多いのです。下野市の花の木整骨院では、ステロイドのお薬などを使用せずに身体の歪みを治すことによるアトピー治療をおこなっております。

アトピー性皮膚炎によるつらいかゆみの症状にお悩みの方、ステロイドなどお薬に頼るアトピー治療をせずにしっかりとその原因を取り除いて完治させることが出来たら嬉しいですよね。

気づいたら無意識のうちに身体をかきむしってしまったり、寝ている間でもかき崩してしまうなんていうこともあるほどに、そのかゆみの症状というのはつらいものです。
病院でのアトピー治療というのは、基本的にかゆみを抑えるお薬を使用しておこなわれるのですが、下野市の花の木整骨院ではしっかりとその原因を突き止めてアトピー治療をしていくことが出来ます。

アトピー性皮膚炎には大きく分けると三つのタイプが御座います。
肝臓の機能が低下することによって顔に症状が出てしまうタイプ腎臓の機能が低下することによって肘や膝、関節などに症状が出てしまうタイプ、そしてこの両方が出てしまうタイプがあるのです。

アトピー性皮膚炎というのはこのように内臓の歪みが原因になっていることが多いので、下野市の花の木整骨院身体のバランスを正常な状態に戻してあげることによって、アトピー治療をおこなっていきます。
成人の場合には骨盤から全身を整え、赤ちゃんや小児の場合には、頭蓋骨の歪みが原因になっていることも多いので頭蓋骨の歪みを整えていきます。

ページTopへ戻る

症例と治療過程紹介

Case01

頸部

左上腕

左膝内側

左大腿部

左下腿

ページTopへ戻る

Case02

頭部

口元

左肘裏

背中

膝裏

ページTopへ戻る

Case03

前頭部

患者様の声

変化を実感!患者様の生の声をお聞き下さい。


▲pagetop