HOME > 院長先生のコラム > カルシウムイオンの役割

■ カルシウムイオンの役割

治療効果を更に高めるカルシウムイオンの骨や筋肉、神経への役割

カルシウムイオンというのは骨だけではなく、筋肉や神経など人間の身体の中でさまざまな役割を持っております。下野市の花の木整骨院での治療も、カルシウムをしっかりとって身体の調子を整えておくとさらに効果的です。

カルシウムというのは、日本人に最も不足している栄養素だと言われております。
日本人の一日の平均摂取量はおよそ550mgなのですが、一日に便や尿から排泄されているのはおよそ600mgで身体の外に出ていく量の方が多くなってしまっているのです。
アメリカ国立衛生研究所が提唱するのは一日あたり1,200mgですので、普通の食事だけではなく、サプリメントなど栄養補助食品を利用することをおすすめします。
人間の身体を形成するにあたってはとても重要な役割を担っておりますので、しっかりと摂取していくことが大切なのです。

カルシウムイオンというのは、だけのために摂取するのではありません。カルシウムイオンは人間の身体の中の99%が骨の中にありますので骨や歯の形成骨折などを防ぐためにもちろん大切なのですが、その他にもたくさんの働きに利用されているのです。

カルシウムイオンの代表的な働きというのは、脳の働き神経伝達物質免疫細胞筋肉や血管の収縮・弛緩の調節、さらにホルモン分泌ミネラルバランスも調整しています。

下野市の花の木整骨院では骨折後のリハビリ治療などもおこなっておりますし、さまざまな身体の歪みをとる治療もおこなっております。
健康な身体を作っていくためには、カルシウムを摂取して身体の調子を整えるとより一層下野市の整骨院での治療も効果が倍増していきます。



▲pagetop