HOME > 院長先生のコラム > 児童・学生のスポーツを応援します

児童・学生のスポーツを応援していきます

最近は、TVゲームの普及や環境の変化・治安の変化などによって、子供達の遊び方も変化してきています。昔ほど身体を使った遊びをしなくなっている事が「子供達の基礎体力を低下させ神経系の発達を遅延させている」と言われています。

基礎体力とは、運動中の正しい姿勢を維持し続ける筋肉(体幹のインナーマッスル)のことです。
運動中の姿勢の乱れは無駄な力を生み、疲労を早め、故障の原因にもなります。

スポーツ指導の現場で体力的土台が整っていない子供たちに技術だけを教えてもしっかりしたプレーなんて出来ません。その未熟さを練習量で補おうとしても、その練習量が負担となり膝や腰を痛める原因になってしまいます。
練習を休めば痛みは治まるが、練習を始めるとまた同じ場所が痛くなる。この原因は未熟な体と乱れた運動姿勢に由来しています

まずは怪我をしないための基礎体力作りをして、正しい運動姿勢を学習していく必要があります。
当院は、そんな子供たちを一人でも救うために専門的な運動指導メニューをご用意致しております。

          未来ある日本の子供たちを元気に!!

                   私たちは児童・学生スポーツを積極的に応援していきます。

NEXT → 2. 疼痛緩和についての考え方


▲pagetop