HOME > スポーツ障害 > シンスプリント

■ シンスプリント

シンスプリントの症状を感じたら下野市の花の木整体院へ

花の木整田院では全身のバランスを整えることでシンスプリントを治療を行っております。

シンスプリントというのは下腿に痛みが出てきてしまう症状で、スポーツをしている成長期のお子さんに多いスポーツ障害のひとつです。
特にスポーツを始めたばかりというお子さんに多く、学校の部活やクラブ活動など、新しくスポーツを始めたというときに起こりやすいのです。
ジャンプ動作やダッシュの動作などが多い、陸上競技バスケットボールなどをしているときに下腿あたりに違和感や痛みを感じて、なかなかその痛みがとれないというときには注意が必要です。

シンスプリントというのは下野市の花の木整体院にて湿布やテーピングを貼ったり、電気をあてて痛みを取り除いていく治療もおこなっていきますが、痛みのある患部だけを治療すれば良いというわけでもないのです。
シンスプリントの原因というのは、ただ単純に下腿に負担がかかって痛みが出てしまうということだけではなく、足首や骨盤、場合によっては頚椎や頭蓋骨までもが原因になっていることもあるのです。
全身の身体構造が歪んでいたりなどといった問題も考えられますし、その他には体幹の弱さ運動姿勢の問題などが複合的に関与していると考えられるのです。

下野市の花の木整体院にてこういった全身のバランスを整えるといった治療をおこなうこともとても大切です。出来るだけ早めの治療をおすすめいたします。



▲pagetop