HOME > スポーツ障害 > サッカー治療

■ サッカー治療

サッカー治療は下野市花の木の花の木整体院にお任せください。

サッカーや野球、バスケットボールなど、激しい運動による一度の強い衝撃でおこる怪我のことをスポーツ外傷と呼びます。サッカー治療は下野市花の木の花の木整体院にお任せください。

下野市花の木の花の木整体院ではサッカー治療に長年の経験があります。こういった怪我の総称としてスポーツ障害といわれており、サッカーによる打撲や骨折等はスポーツ外傷に分類されます。スポーツ外傷とはサッカー野球バスケットボールなど、激しい運動による一度の強い衝撃でおこる怪我のことです。打撲脱臼骨折など、早急に治療が必要な症状が多く、放っておくと体や骨の形が変形したり、重大な障害が残ることさえあります。基本的に激しい痛みが伴うので発覚が容易ですが、人によっては軽い症状だと油断して放置してしまう方や骨が折れているのに気づかない方もいらっしゃいます。

特にサッカーボールを使った格闘技といわれるほどスポーツの中でも激しいものです。サッカー治療下野市花の木の花の木整体院で対応可能です。サッカーボールはフィールドで約20名の選手が激しく走り回り、ボールを蹴るスポーツです。多人数がが全力で走り回り全力でボールを蹴るのでちょっとしたミスで大怪我することも珍しくありません。特にその脚力はすさまじく、間違えて人に当たってしまったときや、全力でキックした時に空ぶるだけで靭帯を痛めることさえあります。サッカー治療は是非下野市花の木の花の木整体院にお任せください。



▲pagetop