紹介する TEL LINE

整体・当院についてのQ&A | 栃木県下野市 花の木整体院!下野市ではじめてのスポーツ整体

花の木整体院
お問い合わせはこちら

整体・当院について

Q1.どんな時に整体に行ったら良いですか?

 

まずは身体が辛い時にと考えられます。

おそらく一番身近で、皆さんが具合悪くなった時に行くのはお医者さんだと思います。

総合病院や整形外科は、痛みや辛さのある「その部分」を診ることにすごい強みがあり、数字やデータ・画像などを中心に患者さんを診ることが多いです。

お医者さんに行ったときに、例えば首が痛いと言って行くと、もちろん首を見てくれたり、腰が痛いって行ったときに腰を見てくれたりするのですが、それでも身体が良くならないときは整体に行ってみるといいと思います。

 

その理由としては病院や整形外科では、なかなか患者さんの私生活や患者さんの不調が出た背景というところまでは時間を取って診てくれないので、そういった部分に原因がある場合には、整体を受けるのは有効な手段になると思います。

痛みや辛さが出た背景や生活の習慣など、そういったことを中心に身体がどうして悪くなってるのかや、どうすると良くなっていくのかっていうことを一緒に考えてくれるところ、自分の身体の良くなるっていうポイントを一緒に探すことができるのが整体です。

 

Q2.整形外科との違いは?

整形外科は、医師免許を持っているお医者さんがやっているため、保険が適用されるという部分が大きな点です。

特にレントゲンだったりMRIなどによって、肉眼ではみえないものが画像によってはっきりとさせることができ、原因が画像上から判断できるところがまず1つ大きな部分かなと思います。

それに則したリハビリを受けられるところもあると思いますが、基本的には診断を受けて注射を打ったりお薬を処方できるいうところが整形外科の1番の強みかなと思います。

よく聞くのは、お医者さんは急性期、つまり今すぐ困っている問題を解決したいものはお医者さんに行った方が良い場合があり、逆に時間をかけて悪くなってきたものに関しては、お医者さんだとすぐ原因が見つからないってことが多いので整体院等で診てもらった方が良いことがあります

今言ったように画像上に全く原因がないですので安静にしてくださいや、痛いところに湿布貼ってくださいと病院で言われて、それでも良くならないと整体に来る方が当院でも多いのですが、確かに不調の原因が画像上に映らないってことも多々あって、痛みを感じているその部分自体に痛みの原因がないことが非常に多かったりします

そういった部分では整体院では、しっかり時間をかけて原因を見つけることで的確な治療がしていけるということが可能です。これが整形外科との違いであり、整体の強みになってきます。

 

Q3.整体院と接骨院の違いは?

整体院と接骨院の違いを一言で言えば、保険診療をやっているかやっていないかです。

保険診療というのは、国が決めた健康保険のルールに則って治療するということですね。首が痛い、腰が痛い、膝が痛い、足首が痛い、という場合その部分に対して、その決められた保険のルールを使って健康保険を使って安く部分的な治療を受けられるところが接骨院です。

 

逆に整体院は、健康保険を使っていないので、自費で治療するという形を取っています。

当院でも接骨院の免許(柔道整復師)は所持しておりますが、国のルールに則って保険でやろうと思うと、どうしても部分だけを中心にやらなければいけないというルールがあるので、あえて保険を使わない診療を行っています。その痛みや辛さが何からきているのかということを一部分ではなく体全体に範囲を広げて考えて、治療を行います。

自費での診療の方が圧倒的に様々な症状に対する適応範囲が広く、丁寧に見ることができるのは整体院のほうだと思います。

 

 

Q4.マッサージとの違いは?

マッサージっていうのは気持ちいい場所、過ごす時間過ごす空間あとは、マッサージしてもらっている時間が気持ちいい、リラクゼーションを主としたものだと考えています。整体院というのはリラクゼーション的な一面もあるのですが、どちらかというと身体を治す場所と思っていただけると良いとおもいます。

 

時間で区切ってマッサージをしてくれるようなところは、決められた時間の中痛い部分であったり硬そうな部分を入念に揉みこんでいったり、押していったりっていうことが多いです。

ただマッサージ店にリラクゼーションを目的ではなく治すことを目的としていた場合、患部に対して受けている本人の体力面や治癒力以上のことをしてしまって逆に痛めてしまったり、揉み返しが出てしまうことも可能性としてあると思います。

もちろん、リラクゼーション目的として気持ちいいっていう感情はとても大事です。しかし、治していく事を目的とした場合、時間をたくさんやるというよりは、その人一人ひとりの症状が治っていく過程や時間、体力面とかをしっかり把握したうえで施術していく必要があります。

その場合は、そういうところまで見てくれる整体院では、治すとう分野に関してはかなり高い効果を発揮できるのではないかと思います。

マッサージは、気持ちよくてリラックスをする場所。整体は心地よさもあると思いますが、身体が治っていくっていうことを中心に提供している場所と考えていただいて、どちらを求めているかで選んでいただけるといいと思います。

 

Q5.そもそもなぜ身体が悪くなるのか?

何で身体が悪くなるのか、なんでよくなったのかっていうことをちゃんと自分で理解して、コントロールできるっていうことがすごく大切です、でもそれはとても難しいことです。治っていくために守らなきゃいけないこととか、健康でいるために大切にしなきゃいけないっていうことはやっぱりあって、そのベースになることが、食事の質・運動の質・睡眠の質になります。

健康でいるためのベースは、食事からエネルギーを摂って、血液を巡らせて身体を動かして、疲れたら寝るっていうことです。やりすぎ過ぎてもだめですし、やらな過ぎてもだめです。

人間には恒常性という機能があり、ベースがしっかりしていれば体温を37℃に保つことだったり体調を保つために働いてくれるというものです。その良い状態をどう維持していくかキープしていくかっていうことがすごく大事になります。

そもそもっていうことでいうと、やっぱりその健康の一番大切な部分っていうのは血液の質っていうことだと思うので、血液の質が悪くなることはやめなければいけないし、血液の質が良くなることを増やしていかなければいけないっていうことですね。究極どんな病気も血液の質が悪ければ悪くなっていくし、血液の質が良くなれば、良くなっていく、そのための食事・運動・睡眠っていうことを丁寧に、自分にとって心地いい食事なのか、心地いい運動なのか、心地いい睡眠なのかっていうことを丁寧に見ていくっていうことがすごく大事で、そこさえちゃんとできていれば健康っていうことに近づいていくと思います。

整体は、その中で運動の面、循環に効果的です。血を巡らせる、その血を巡らせるための隙間を体の中に作る、きつい洋服を着ると動きがきつくなるっていうのと同じで、ゆったりした服を着た方が動きやすくなるので、体の皮膚や筋膜や筋肉など、体を緊張させてしまって窮屈にさせている身体のゆとりをもう一度身体に与えてあげたり、作ってあげる。隙間を作ってあげる、余白を作ってあげるっていうことだと思います。

 

Q6.健康とはどんな状態ですか?

まずは痛みがない状態ということだし、生活をしている中で自分の身体を気にせず生活できている状態というのが1つあるのではないかと思います。

すごく抽象的なことだから難ですし、当たり前すぎてなかなか考えることないと思うんだけど、当院が考える健康の定義っていうのは、自分の好きなことを好きな時に、自分の意志で選んでできるということ、自分の過ごしている時間を有意義に過ごせているということが、健康っていうことなのではないかと思います。

 

例えば痛みがあるとか、身体が動かないとか、自分で行きたいけど行けない、やりたいけどやれないことがあると健康っていうことから少し離れてしまうかなと思います。

なので痛みとか動けないみたいなことがあるんだとしたら、整体や身体に関して詳しいところに行ってよく話を聞いてもらったり、今自分の身体で何が起こっているのか、っていうことをちゃんと診て、丁寧に広い範囲で見てくれる、話を聞いてくれる、相談に乗ってくれる人のところに行くと、解決が近づいてくるのかなと思います。

痛みというのはそもそも自分の身体を守ってくれるための信号なので、痛みとか痺れとか、そういう情報をちゃんと正しく理解して、正しく導いてくれるところにいくと、自分の健康のが何なのかや、自分の健康をとりもどすことを手助けしてくれるかなと思いますね。

 

もちろん、健康の方がいいんですよね。不健康よりも。

ただ、自分が健康なのか不健康なのかさえも多分わからなくなってしまいます、それが当たり前すぎて。
だから自分の健康ってなんなのかっていうは1回定義してみるというのはすごく大切じゃないかなと思います。そうしないと健康・不健康に気づかないですからね。

自分が不健康なのに健康だと思っているみたいなそんな認識になる。

「健康だけどここ痛いです」っていう人いるんですけど、不健康ですよね。「いや、健康なんです、でもここだけ痛いんです」っていう、でもそれは不健康。

だから、自分のやりたいこと、過ごしたい時間を自分の思うとおりにであったり、何も邪魔なく何も不快なく過ごせているっていうこと、やりたいこと行きたいところ、実現したいことっていうのを自分の意志で自分自身に邪魔されることなく行動できているっていうことが健康なのかなと思います